福岡でフラワーエッセンス、アロマセラピー、アロマセラピー占星術が学べるスクール 「エコル*ソレイユ」 入門クラスから資格対応クラスまで有り、個人レッスンも充実

フラワーエッセンス

  • HOME »
  • フラワーエッセンス

英国伝統のフラワーエッセンス「バッチフラワーレメディ」

心や感情のバランスを保つことが「真の健康」につながると考えたイギリス人医師「エドワード・バッチ」博士によって、今から80年以上前にバッチフラワーレメディは誕生しました。野性の草花、木に咲く花や芽などから作られた38種類のレメディは「マイナス感情」の緩和に役立つものとして知られています。

 

イギリスのオックスフォードシャーにある博士の生前の住まいは、現在「バッチセンター」として保存されており、「レメディを何一つ変えないでほしい」とのバッチ博士の遺言を守り、バッチセンターの庭では現在も、博士から継承した通りの方法でレメディの「母液」が作り続けられています。ここで作られた「母液」から38種類のバッチフラワーレメディと緊急時用レメディ(レスキューレメディ)が作られ、博士が完成させてから80年以上経った今も尚、多くの人の心に穏やかに働きかけています。

 

エコル*ソレイユでは「コンサルテーション」、バッチフラワーレメディの基本的な使い方が学べる入門講座、イギリス・バッチセンター認定コース「Bach International Education Programme(バッチ国際教育プログラム)」のレベル1を実施しています。(バッチフラワーレメディは心や感情のバランスを取り戻すためのイギリスの自然療法であり薬ではありません。)

 

 

バッチフラワーレメディが対応するマイナス感情の一例

・人の行動や言動に寛容になれない
➡ ビーチ(西洋ブナ)
・人に合わせてしまう、断れない
➡ セントーリー(ベニバナセンブリ)
・新しい環境になかなか馴染めない
➡ ウォルナット(西洋グルミ)
・やる気がおこらず、つい先延ばし
➡ ホーンビーム(西洋シデ)
・自分を責めてしまう
➡ パイン(ヨーロッパアカマツ)
・責任や重圧で心が折れそうになる
➡ エルム(欧州ニレ)
・自分に自信がもてない、劣等感
➡ ラーチ(ヨーロッパカラマツ)
・人前で無理に明るく元気に振舞う
➡ アグリモニー(西洋キンミズヒキ)
・人とペースを合わせるのが苦痛
➡ インパチェンス(インパチェンス)
・すぐ落ち込む、悲観的に考えがち
➡ ゲンチアナ(西洋リンドウ)
・思い当たる事もないのに気が沈む
➡ マスタード(ノハラガラシ)

 

一例)ミムラス(ミゾホオズキ)
——————————————–
不安や恐れを感じる対象が具体的である場合にミムラスのレメディを用います。

例えば、人前で話すこと、苦手な人の存在、痛み、失業、歯医者、虫や動物など・・

ミムラスは、恐れていた気持ちを少しずつ和らげ、過度の不安感を徐々に手放す助けとなるレメディです。

TEL 090-8406-9952 留守番電話の場合はメッセージにご連絡先と問合せ内容を!
ご予約・お問合せフォームもご利用下さい

福岡市地下鉄「赤坂駅」徒歩10分 西鉄バス「警固町」3分
平日・日曜・祝日:10:00~18:00 土曜:9:30~12:00

PAGETOP